ゴミ調査   2016年11月16日更新

   

北川かっぱの会では、平成11年(1999年)以降、毎月第2土曜日に川そうじを行っています。グラフはこれまでの15年間に収集したゴミの量です(上)。収集したゴミの量はゴミ袋(40リットル用)の個数に換算して表示しています。収集したゴミの量は16年度(2004年)にピークとなり、その後減少傾向にはあるものの、決して予断を許さない状況となっています。なお、収集した全体のゴミの量の内、ペットボトル、ビール・チューハイ類缶、コーヒー・ジュース類缶は別に個数を集計しており、その結果がグラフ(上から2つ目)に示されています。こちらの方も、15年(2003年)にピークとなり、その後減少傾向にはあるものの、決して予断を許さない状況となっています。さらに、ビンたワンカップなどについては「危険ゴミ」として別途集計しています(下のグラフ)。

 

<今後の課題など>

 北川かっぱの会では、川がきれいであれば、また環境保全上重要な存在であれば、川にゴミを棄てる人は激減するだろうと考えています。当分、川のゴミはなくならないかも知れませんが、一人でも多くの人にきれいな北川に目を向けてもらうために、地域住民にアピール度を高めながら、毎月の川そうじ、年2回のクリーンアップを継続していく予定です。


戻る