2022年度活動方針

2022.3.26総会資料


新型コロナウイルス対策による感染防止対策

引き続き、各イベントは参加者の安全を第一に考え、決して無理をして開催しない。開催する場合には感染防止対策を講じた上で実施す る。


■全体的に配慮していく事項

   ・将来に向けて持続可能な活動を行っていくことを前提とした場合に、各事業の見直しを行っていく必要がないかどうか、見    直しを 行っていくとすればどのような見直しを行っていくべきか(支援者の拡大策、環境学習関係の活動、外来種の防除    や川そうじ等の活動、他団体とのコラボ活動、かっぱ通信等の広報活動、手間暇がかかっている事務作業の軽減や費用の手    当、…など)を検討

   ・次世代に残すべき資料の整理(アーカイブの作成)をどう行っていくのかを検討

     ・市や公園の指定管理者との協働や役割分担をどう行っていくのかを検討


個別事項

1 北山公園関係

   ・(新規)公園の指定管理者との連携と役割分担の模索(川端会議の対応を含む)

・(新規)他団体の活動との連携(コラボ)の模索

・(新規)今年度末に策定される「北山公園整備基本計画」のフォロー

・(継続)しょうちゃん池水際の在来植物植生帯の造成や池奥の湿地環境の改善(しょうちゃん池(南側)から導水するこ と等)、しょうちゃん池への浚渫土の導入の検討、協議


2 北川流域関係 

  ・(新規)生物多様性東村山戦略の具体化をどう目指すのか検討 →市の2022年度予算では、委託費の予算がつかなかった

  ・(新規)新たに川そうじ作業に携わる人の確保を目指す

  ・(継続)宅部池の動向を注視(狭山公園生物多様性保全利用計画に基づく護岸の湿地化等の実施設計の内容など)

  ・(継続)北川の落差工解消プロジェクトを推進していくために、基礎調査となる流量調査を継続していく

3.外来生物の防除関係

  ・(新規)新たに防除作業に携わる人の確保を目指す(指定管理者との連携も視野に入れる)

  ・(継続)市と外来種防除についての協定を継続して締結し、北山公園内の外来種の捕獲を継続していく(4月〜10月実施)

  ・(継続)トレイルカメラの利用や足跡の確認などで実態を把握することにより、アライグマの防除対策を検討していく

  ・(継続)トウキョウダルマガエルを守ろう!キャンペーンや北山わんぱく夏まつりでのウシガエル捕獲大作戦の実施

4 環境調査関係

  ・(新規)新たに防除作業に携わる人の確保を目指す(指定管理者との連携も視野に入れる)

  ・(継続)市と外来種防除についての協定を継続して締結し、北山公園内の外来種の捕獲を継続していく(4月〜10月実施

  ・(継続)トレイルカメラの利用や足跡の確認などで実態を把握することにより、アライグマの防除対策を検討していく

  ・(継続)トウキョウダルマガエルを守ろう!キャンペーンや北山わんぱく夏まつりでのウシガエル捕獲大作戦の実施

5 子ども向けのイベント開催や環境学習関係   

  ・(新規)環境学習を持続可能なものとしていくために、スタッフの育成を行っていく

  ・(新規、調整)北山いきものクラブと土曜講座との開催調整を行う(開催日、人繰りなど。特に9月の北山小魚とり)

  ・(継続、コロナの状況を見て判断)北山わんぱく夏まつりについては午前中中心の開催とし、さらに合理化を図っていく →夏まつり実行員会で検討

  ・(継続)小学校の総合的学習への講師派遣については、可能な限り対応していく

6 関係機関との連携

 ・(新規)みどりの基本計画2021の進捗状況について、市主催の意見交換会等の場でフォローしていく。

 ・(新規)市に対して、生物多様性東村山戦略の具体化や生きもの調査の本格的な実施に向けた検討を働きかける。

 ・(新規)よろず市民活動協議会主催の市、公園の指定管理者、公園で活動を行っている市民団体との意見交換会に参加し、三者の連携や役割分担について検討していく。また、同協議会主催の各公園での学習会の開催に協力していく。

  ・(継続)西武・狭山丘陵パートナーズや八国山たいけんの里自然部会、柳瀬川水系水環境連絡会、トトロのふるさと基金などとはこれまで通り連携していく(追記;多摩湖緑地・原風景を守る会は2022.3末で活動終了)。


7 地域への情報発信関係 

  ・(新規)かっぱ通信をはじめとした会の情報発信媒体のあり方について、活動の持続可能性の観点から再検討を行い、方向性を見出す。

  ・(新規)次世代に残すべき資料の整理(アーカイブの作成)に着手する。

  ・(新規)持続可能な活動を目指して、各活動の見直しを行っていくために意見交換会(茶話会、勉強会、…)など通して会員の意見を集約していく。

  ・(継続)当会の提言内容(生物多様性東村山戦略、外来生物の問題点など)について、様々な媒体を使って情報発信していく

  ・(継続)北山公園内「水と緑の掲示板」などでの情報発信はこれまで通り実施、かっぱ通信やFB、ブログについては、上記の議論を踏まえ必要な見直しを行っていく。



トップページに戻る

「北川かっぱの会とは」のページに戻る