北川かっぱの会とは                                               2017年5月7日最終更新

 「北川かっぱの会」は、狭山丘陵の東麓、トトロの故郷「八国山、北山公園」一帯の緑の保全と、その前を流れる北川の清流復活という夢を掲げ、1995年5月に10名弱で発足しました。

 活動エリアである北川は、東京都の貯水池である多摩湖から住宅街の中を流れるわずか4kmほどの都市河川です。北川は、昭和30年代中盤までは子供たちが魚とりをし泳げるような場所でしたが、都市化や高度経済成長とともに北川はドブ川化し、市民から背を向けられた存在になってしまいました。

その後、下水道整備などに伴って、平成になる頃からは水質もやや改善されて、源流部の狭山公園内ではホタルが復活し、また、種類は少ないもののメダカ、オイカワ、モツゴなどの小魚も戻ってきました。

 また、中流域部にある八国山緑地、北山公園のあたりは、新宿からわずか30分の距離にありながら、田んぼも含めて里山風景が広がる貴重な場所になっています。都心からもっとも近い里山風景が残る場所のひとつといえます。北山公園では、今も魚とりやザリガニ釣りに遊ぶ子供たちのどろんこ天国の姿が見られます。

 しかし、かろうじて残された北山公園、八国山周辺の自然に加え、流域全体でかつてのように子供たちが生き生きと遊べる清流の北川にするのにはさらなる取り組みが必要です。

 「北川かっぱの会」は、今の子供たちにもう一度かつての子供のような体験をさせてみたい、と思う者が集まり会を発足しました。発足当時は10名弱だった会員も、自然に対する興味や関心が高まるにつれ、現在では約260名(正会員の他に活動の主旨に賛同する準会員も含む)までにふくれあがり、今や市内でも有数の環境保全団体として自他ともに認める存在となってきています。

最近の活動状況

 「北川かっぱの会」の最近の活動状況は以下のとおりです。

 

95年から、春、秋の2回の川そうじ、「北川クリーンアップ」を行政と協働で取り組み、夏には、「北山わんぱく夏まつり」を多くの市民とともに主催してきました。98年にはそれまでの活動成果として、北川の復元プラン「未来の川へ」を発行、市行政へ市民プランとして提案することができました。市ではこの提案を真摯に受け止め、検討・調整を経て、01年に予算を計上し、市民と共同で北川の復元プランを具体化、04年にコンクリート護岸をはがして自然護岸に復元する工事の完成を見るに至りました。05年には、さらに下流側の自然護岸化の工事が行なわれ、この際には高さ80cmほどあった垂直の落差工が、世界で4例目となる「粗石付双斜曲面式全断面魚道」として再整備されました。


 また、ここ数年は、小学校や地域の環境系の団体と連携しながら次代を担う子供たちの環境学習支援を積極的に行い、また魚類や底生生物、水質、湧水、川に投棄されたゴミの調査、川そうじを月1回定期的に行ってきました。昨年度以降は、北川流域に大繁殖しているブラックバス(オオクチバス)等の外来魚の防除(駆除+密放流防止)に力を入れて取り組んでいます。

(写真)北山公園「しょうちゃん池」の掻い掘り(池干し)2010.3.20



2016年度の活動報告・2017年度の活動方針等


2017.2.25の総会資料は下記のとおりです(2017年度活動スケジュールは2017.2.25現在のものです)。

2016年度活動報告
2016年度活動記録

2017年度活動方針
2017年度活動スケジュール

かっぱの会の規約


「かっぱ通信」を発行しています


 年5回(2,4,7,10,12月)、機関紙「かっぱ通信」を発行しています。「かっぱ通信」は市内の公民館と図書館、八国山たいけんの里、他に置いています。

最新号(117号)は4月23日に発行しました。

「かっぱ通信」(創刊号〜最新号)はこちら



出版物のご案内

『北川流域マップ』 200円

  流域散歩にご利用ください。

 

『未来の川へ・北川復元プラン』

北川復元プランのパイロットケースとして、北山公園周辺の北川が変わりつつあります。21世紀の未来の川の姿を探る一冊。頒価1000円 郵送料390円


助成金や寄付金の受け入れ実績

最近では、以下の助成金や寄付金を受け入れ実績があります

2008年1月〜12月     セブンイレブンみどりの基金助成金(約30万円)
2009年9月〜2010年8月 全労済地域貢献助成事業(約30万円)
2009年7月           一橋大学エコサークル「環兵衛」から寄付金(10万円余)
2010年8月〜2011年3月 「関東・水と緑のネットワーク拠点百選」支援金(約20万円)他
2011年4月〜2012年3月 東京ガス環境応援基金助成金(42万円)
2013年1月〜12月     損保ジャパン環境財団助成金(20万円)
2015年6月〜2016年3月 公益信託遠藤記念三多摩自然環境保全基金(2万円)

2016年3月           特定非営利活動法人 NPO birth(10万円)
2017年3月           特定非営利活動法人 NPO birth(備品現物)


会員募集

会費 一般会員;年間3000円。「かっぱ通信」他出版物等をお送りします。
   支援会員;2年間2000円(学生は1000円)。2年間「かっぱ通信」をお送りします。

お問い合わせ メールにてご連絡ください。

会費振込先

上記へ現金書留または

〔郵便振替  00120-6-104476〕注)指定の振込用紙でお願いいたします

 〔りそな銀行東村山支店(普)3605694〕 注)りそな銀行にお振込みされる場合にはshot-1205@kjc.biglobe.ne.jp吉田あてご一報ください

加入者名 北川かっぱの会

トップページに戻る