北川かっぱの会「規約」


19955月制定

最終改正20153

(名称)
第1条                  本会は“北川かっぱの会(以下、「会」とする)”と称する。

(目的)
第2条                 会は狭山丘陵東麓、北川流域のみどりの保全と北川の清流復活を目的とする。

(活動)
3条   会は上記の目的を達成させるため、環境学習・調査、川そうじ、イベントの開催、関係機関との調整などの活動を行う。

(会員)

4条 ・主旨に賛同し、毎年、会費を納入する個人を正会員とする。

        ・主旨に賛同し、主として不定期なカンパにより活動を支援する個人を支援会員とする。

・主旨に賛同する個人または団体を準会員とする。

(運営)

5条 ・会は年一回総会を開き、年間の活動方針や組織体制などを決める。
      会は定例会を原則として隔月で開催し、年間の活動方針に沿って個々の活動の企画、運営を行う。

(役員)
第6条           ・会に代表世話人、事務局長、会計担当などを置く。

・代表世話人は2年交代とする。ただし、再選を妨げない。

(会計幹事)
第7条           ・会に会計幹事を置き、定期に決算状況について会計監査を受ける。

(会報)
第8条           会の会報として「かっぱ通信」を定期的に発行する。その他、ホームページやブログ等で情報発信を行っていく。

(会費)

第9条        ・会費は正会員と支援会員から徴収する。

・正会員は個人会員一人につき、年3000円とする。なお、家族会員については、家族で年5000円とする。

・支援会員は個人会員一人につき、2年間で2000円(個人会員が学生である場合には1000円)とする。

(財政)
第10条        会の収入は、会費・イベントなどによる事業収入、寄付金、助成金などによってまかなう。

(主たる事務所)
11条  会の主たる事務所を東村山市多摩湖町1−37−16 清水淳方に置く。


トップページに戻る

「北川かっぱの会とは」のページに戻る